yurukotsu

根性なしの人のための根性なしのまま成果を出す仕事術5選

こんばんは、
しょうりです。

こちらでは、
根性なしの人のための根性なしのまま成果を出す仕事術6選
を紹介します。

自分は根性なしって思っている方はぜひ使ってみてください。根性なしのままでも成果を出して、やかましい体育会系根性論の輩を黙らせることができるようになります。

一般的に言われる根性なしの特徴


ここからは、
一般的に言われる根性なしの特徴
をお伝えします。

ここに該当する人は根性なしって言われがちかなってイメージです。一応紹介しているだけなので、根性なしと言われたからって、「だからどうした?」って話です。

一般的に言われる根性なしの特徴① すぐ人を頼る

一般的に言われる根性なしの特徴1つ目は、
すぐ人を頼る
です。

低知能根性論の輩は人に頼ることを悪いことのように考えているので、すぐ人に頼ろうとすると根性なし呼ばわりしてくることがあります。

だけど、使える人は使った方が効率的ですからね。頼める人がいるなら頼んでしまって、自分は別のことやった方が効率的です。

一般的に言われる根性なしの特徴② 継続力がない

一般的に言われる根性なしの特徴2つ目は、
継続力がない
です。

仕事を何時間も継続できないタイプの人も、低知能根性論の輩から根性なし呼ばわりされるかと思います。

だけど何時間も必死に仕事するなんて非効率だし、継続力がないなら短い時間で終わらせれるように工夫すればいいだけです。

根性なんて必要ありません。

一般的に言われる根性なしの特徴③ 責任感がない

一般的に言われる根性なしの特徴3つ目は、
責任感がない
です。

低知能根性論の輩が好きそうな言葉ですよね。責任って。

自分でビジネスやってるならまだしも、会社に属して仕事している以上は責任を取るのは上司の仕事です。一社員が責任なんて気にする必要ありません。

根性は必要ない理由


ここからは、
根性は必要ない理由
をお伝えします。

根性なしでも全く問題ない、というのが理解できると思います。

根性は必要ない理由① 根性論は思考停止だから

根性は必要ない理由1つ目は、
根性論は思考停止だから
です。

なんでも根性って言う人は、ただの思考停止野郎です。

だからそんな残念な輩に自ら成り下がる必要はありません。

根性は必要ない理由② 効率化した方がラクだから

根性は必要ない理由2つ目は、
効率化した方がラクだから
です。

根性論で仕事していると、無駄に時間とエネルギーがかかってしまいます。とにかく非効率です。

そんな無駄なことやってないで、脳みそ使って効率化した方が圧倒的に仕事進むし、ラクです。

だから根性なんて必要ないんです。

根性は必要ない理由③ 頭使う方が生産的だから

根性は必要ない理由3つ目は、
頭使う方が生産的だから
です。

根性論で仕事すれば、思考停止で何も考えずに仕事できるからラクって思う人もいるかもしれませんが…大間違いです。無駄な時間とエネルギーが多く消費されるので無駄に疲れます。

根性なんて捨てて、頭使っていかにラクするか考えて行動した方が、同じ成果を圧倒的に少ない労力で出すことができるようになります。

だから根性なしで良いんです。

根性なしのまま成果を出す仕事術


ここからは、
根性なしのまま成果を出す仕事術
をお伝えします。

これから仕事の中で意識していくことで、根性なしでも関係なくさくっと成果を出せるようになっていきます。

なので取り入れてみてください。

根性なしのまま成果を出す仕事術① パソコンスキルを高める

根性なしのまま成果を出す仕事術1つ目は、
パソコンスキルを高める
です。

根性論勢は、スキルが低くても気合でなんとかしようとしますが、根性なし勢は頭とスキルを使ってラクしていきましょう。

そのためにはまず、仕事で多く使うであろうパソコンスキルを高めていきましょう。タイピング、ワード、エクセル、パワーポイント、などの仕事でよく使うソフトの使い方をしっかり勉強して、効率よくラクに仕事をこなせるようにしていきましょう。

例えばエクセルで、無知な人は1つ1つ入力しないといけないけど、関数使えば数秒で終わることもたくさんありますからね。

スキル身に着けて、活用した方が圧倒的にラクです。

根性なしのまま成果を出す仕事術② 優先順位を常に考える

根性なしのまま成果を出す仕事術2つ目は、
優先順位を常に考える
です。

仕事をするときは常に優先順位を意識して仕事して下さい。優先順位を意識するだけで仕事の効率は大幅に上がります。

今日中に片づけるべき仕事から取りかかり、スキマ時間にはべつのできることをちまちま進めて、時間が余ったら優先順位の低い仕事…って言う風にやっていけば勝手に効率よく仕事が片付いていきます。

根性なしのまま成果を出す仕事術③ 常に考えて行動する

根性なしのまま成果を出す仕事術3つ目は、
常に考えて行動する
です。

仕事をしていると、予定外のことが発生したり、予想よりも仕事が進まなかったりってこともあると思います。そういうときはその都度考えて、優先順位や仕事のわりふり、進め方をアップデートしてください。

一度決めたものを守るのではなく、柔軟に対応していくことで、何が起こっても効率落とさず着実に仕事を進めていけます。

根性なしのまま成果を出す仕事術④ 使える人、モノは使う

根性なしのまま成果を出す仕事術4つ目は、
使える人、モノは使う
です。

仕事を効率化できるツールは迷わず導入して使うようにしましょう。使わないなんて非効率でしかないですからね。

あとは使える人も積極的に使っていきましょう。人に頼んでやってもらえる仕事をわざわざ自分でやるのも非効率ですからね。

罪悪感なんて必要ありません。できることをできる人がやる。あたりまえのことです。

根性なしのまま成果を出す仕事術⑤ 常に少し余裕を持って計画を立てる

根性なしのまま成果を出す仕事術5つ目は、
常に少し余裕を持って計画を立てる
です。

仕事の計画を立てるときはキツキツにするのではなく、常に少し余裕を持たせておくようにしてください。

その余裕が予定外のことが起きたときに活きてきます。キツキツにしていると、なにか予定外のことがあったときにすべて崩れ落ちて、効率大幅ダウンしてしまいます。

たとえば30分で終わりそうな仕事に対して、40~50分くらい確保しておくみたいなイメージで計画立てるとちょうどいいかなと思います。

最後に


以上、
根性なしの人のための根性なしのまま成果を出す仕事術5選
でした。

根性なしであることをネガティブに考えていた方は、その考えを改めてください。根性なしのままでいいんです。根性なしのままでも、うまく仕事に取り組めばちゃんと成果出せますから。

非効率な根性論に負けないで、根性なしのまま効率よくがんばっていきましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ すぐ後悔する人が後悔しない人生を歩む9個の方法
⇒ 損するクソ真面目な生き方を変える5個の思考法
⇒ 日曜日に憂鬱になったときにおすすめの過ごし方6選
⇒ 仕事できない人がやめたいとか言う前にチェックすべき5個のことと7つの改善策

yurukotsu