食べる量を減らす5個のテクニック

こんにちは、
しょうりです。

こちらでは、
食べる量を減らす5個のテクニック
を紹介します。

食べる量を減らしたいのになかなか減らせない!という方はぜひ参考にしてください。わりとストレスなく食べる量を減らしていけるかと思います。

食べる量を減らすメリット


ここからは、
食べる量を減らすメリット
をお伝えします。

食べる量を減らすといろいろいいことあるのでそれらを認識して、積極的にラベル量を減らしていきましょう。

食べる量を減らすメリット① 痩せる

食べる量を減らすメリット1つ目は、
痩せる
です。

食べ過ぎている人が食べる量を減らせば単純に痩せていきます。摂取カロリーが減ればやせる。本当に単純なお話です。

食べる量を減らすメリット② 睡眠の質が良くなる

食べる量を減らすメリット2つ目は、
睡眠の質が良くなる
です。

食べる量が多いとそれだけ消化にもエネルギーが必要になります。とくに夕食でたくさん食べてしまうと、寝ている間に消化のために体が活動して睡眠の質が落ちます。

食べる量を減らすことで、睡眠中のカラダの負担を下げることができ、睡眠の質が良くなるということです。

食べる量を減らすメリット③ お金が節約できる

食べる量を減らすメリット3つ目は、
お金が節約できる
です。

たくさん食べるということは、それだけ食費もかかるということです。食べる量を減らせば減らした分だけ食費が抑えられるのでお金の節約にもなります。

食べる量を減らすメリット④ 1日の活動時間が増える

食べる量を減らすメリット4つ目は、
1日の活動時間が増える
です。

食べる量を減らせば食事にかかる時間も減らすことになるので、別のことに使える時間が増えます。

例えばその時間を運動に使うとかすれば、かなり効率よく痩せていけます。

食べる量を減らすテクニック


ここからは、
食べる量を減らすテクニック
をお伝えします。

少し意識して取り入れるだけで簡単に食べる量を減らしていけるので、ぜひ取り入れてみてください。

食べる量を減らすテクニック① 食べる量を減らす覚悟を決める

食べる量を減らすテクニック1つ目は、
食べる量を減らす覚悟を決める
です。

これが意外と大切です。なので最初に食べる量を減らすって覚悟決めてください。覚悟が決まってないと、いい加減にしか取り組まなくなって、結局何も変わらなくなります。

なのでやるならちゃんとやるって覚悟決めてやってください。

食べる量を減らすテクニック② 高タンパクな朝食を食べる

食べる量を減らすテクニック2つ目は、
高たんぱくな朝食を食べる
です。

高たんぱくな食品は、おなかを見たし、さらに満腹ホルモンを出して食欲を抑制してくれます。なので朝に高たんぱくなものを食べておくことで1日通して食べる量を減らすことにつながります。

高たんぱくな食べ物は、
・納豆
・無脂肪牛乳
・ツナ
・赤身肉

などですね。

これらを意識して食べるようにしてみてください。

食べる量を減らすテクニック③ おかしは封印

食べる量を減らすテクニック3つ目は、
おかしは封印
です。

食べる量を減らしたい場合は、とりあえずおかしは封印しましょう。おかしを日常的に食べていると糖質摂りすぎになりますからね。

おかしを封印するだけでかなり摂取カロリーは抑えられるはずです。

たまにちょっと食べるくらいなら良いんですけどね。

食べる量を減らすテクニック④ 満腹度よりも満足度を重視する

食べる量を減らすテクニック4つ目は、
満腹度よりも満足度を重視する
です。

食べる量を減らすときは、満腹になるまで食べるのはやめにしましょう。基本的には腹八分目くらいで留めておきましょう。

で、満腹度ではなく、満足度を重視してください。量より質ってことです。量は減ってもよりうまいものを食べるようにしましょう。

満足度が高まれば、腹八分目でも不満はたまりません。

食べる量を減らすテクニック⑤ ゆっくり食べる

食べる量を減らすテクニック5つ目は、
ゆっくり食べる
です。

食べる量が多い人は食べるスピードも速いスピードも速い傾向があります。なのでゆっくり食べることも意識してみてください。

噛む回数が増えれば、満腹を感じやすくなります。その結果、食べる量を減らすことにつながります。

食べる量を減らすときの注意点


ここからは、
食べる量を減らすときの注意点
をお伝えします。

食べる量を減らすときに意識しておいたほうがいいことです。一応合わせて知っておいてください。

食べる量を減らすときの注意点① 摂取カロリーを減らしすぎない

食べる量を減らすときの注意点1つ目は、
摂取カロリーを減らしすぎない
です。

食べる量を減らすとはいっても、減らしすぎてはいけません。

減らしすぎると栄養失調になって健康状態を崩してしまいますからね。最低限必要なカロリーは下回らないように気をつけてください。

食べる量を減らすときの注意点② 体重よりも見た目を意識

食べる量を減らすときの注意点2つ目は、
体重よりも見た目を意識
です。

痩せるために食べる量を減らす場合、体重を減らすことを意識しがちですが、それよりも見た目を意識した方がいいです。

締まった体って、そこそこ筋肉もあるから体重はそんなに軽くなりません。体重だけ意識していると、骨と皮だけのがりがり体型に向かってしまいますからね。

なので体重よりも見た目を意識していきましょう。

最後に


以上、
食べる量を減らす5個のテクニック
でした。

食べる量を減らしたいと思っている方はぜひ取り入れてみてください。食べる量を減らせば、減らさないよりは痩せやすくなるし、健康面もいいことだらけです。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 貯金できない人に共通する8個の特徴と貯金するコツ
⇒ お酒をやめたいひとにおすすめのお酒をやめる方法5選
⇒ 太らない生活を手に入れるために取り入れるべき15個のコト
⇒ 男性のぽっこりお腹を腹筋せずにへこます7個の方法

健康

Posted by しょうり