簡単にできる夏バテ対処法9選

こんにちは、
しょうりです。

こちらでは、
簡単にできる夏バテ対処法9選
を紹介します。

夏バテしてしまうと、楽しく元気に夏を過ごすことができなくなってしまいます。なのではやめに夏バテ対策を知って、意識して実行して、夏バテを回避していきましょう。

夏バテの原因


ここからは、
夏バテの原因
をお伝えします。

まずは原因を明確にして、意識してそれらを避けていきましょう。

夏バテの原因① 水分不足

夏バテの原因1つ目は、
水分不足
です。

暑い季節の体調不良の定番ですね。夏バテの原因にも水分不足が含まれます。

水分不足によって、夏バテだけでなくさまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。なので暑い時期は特に意識して正しい水分補給をしていきましょう。

夏バテの原因② 栄養不足

夏バテの原因2つ目は、
栄養不足
です。

とくに不足しがちなのが、ビタミン、ミネラルです。これらの栄養が不足すると、夏バテを引き起こすだけでなく、重度の熱中症につながる危険もあります。

夏バテの原因③ 自律神経の乱れ

夏バテの原因3つ目は、
自律神経の乱れ

です。

屋内ではエアコンがガンガンな中で生活して、屋外は30度を超える気温。そんな空間を行ったり来たりしていると、自律神経のバランスが崩れて夏バテを引き起こしやすくなります。

あとは暑くて夜眠れないせいで自律神経が乱れることもあります。

夏バテの症状


ここからは、
夏バテの症状
をお伝えします。

ここで登場する症状を感じたら、夏バテかもしれません。はやめに対策を実行して復活しましょう。

夏バテの症状① だるい、疲労感

夏バテの症状1つ目は、
だるい、疲労感
です。

特別疲れることをしたわけではないのに、なんか疲れを感じる、だるい…

そんな状態になったら夏バテかもしれません。自律神経が乱れている可能性が高いです。はやめに対策を実行して自律神経を復活させてあげてください。

夏バテの症状② 食欲がない

夏バテの症状2つ目は、
食欲がない
です。

暑くて食欲がないからって、あまり食べないでいると夏バテ状態になってさらに食欲がなくなっていきます。

この状態からさらに食べないでいると、栄養が不足して、さらに別の体調不良を引き起こしてしまいます。

夏バテの症状③ ふらふらする

夏バテの症状3つ目は、
フラフラする
です。

立ち上がったときにフラフラすることがあったらそれも夏バテの疑いがあります。自律神経が乱れている可能性が高いです。

夏バテの症状④ お腹の調子が悪い

夏バテの症状4つ目は、
お腹の調子が悪い
です。

夏バテはお腹の調子もイマイチになります。普段は大丈夫なのに暑い季節になってからおなかの調子がイマイチってときは夏バテを疑ってください。

簡単にできる夏バテ対処法


ここからは、
簡単にできる夏バテ対処法
をお伝えします。

少し意識すれば簡単にできることだと思うので、楽しく元気に夏を乗り越えるためにぜひ取り入れてみてください。

簡単にできる夏バテ対処法① ちゃんと食べる

簡単にできる夏バテ対処法1つ目は、
ちゃんと食べる
です。

特に朝食をちゃんと食べたほうがいいみたいです。朝にしっかりエネルギー補給しておきましょう。あとは豚肉、玄米、ねぎなどの良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの食べ物を意識して摂取してください。

簡単にできる夏バテ対処法② ちゃんと寝る

簡単にできる夏バテ対処法2つ目は、
ちゃんと寝る
です。

とりあえず睡眠時間は最低6時間、できれば7~8時間は確保しましょう。

暑くて眠れない場合は、部屋の温度を調整して眠りやすい環境を整えてください。寝るときの部屋の温度は普段生活しているときの室温よりも少し涼しいって感じるくらいがちょうどいいかと思います。

エアコンや扇風機の風が直接カラダにあたらないように注意してください。

簡単にできる夏バテ対処法③ のどが渇く前に水分補給

簡単にできる夏バテ対処法3つ目は、
のどが渇く前に水分補給
です。

多くの人はのどが渇いてから水分補給をしますが、それでは遅いです。水分補給はのどが渇く前にしてください。

のどがかわいたって感じるのはもう体の水分が不足しているという危険信号ですからね。それを感じる前に、意識してこまめに水分補給するようにしてください。

あと水だけではなく、スポーツドリンクも飲むようにして、ビタミン、ミネラル不足を防いでください。

簡単にできる夏バテ対処法④ キンキンに冷やしたものは飲まない

簡単にできる夏バテ対処法4つ目は、
キンキンに冷やしたものは飲まない
です。

キンキンに冷やしたものを飲むと、内臓に負担がかかります。そんで食欲がなくなったり、お腹の調子が悪くなったりします。

なのでキンキンに冷やしたものはなるべく避けてください。理想は常温ですが、飲みにくい場合は常温より多少冷えてるくらいでもいいかと思います。

とにかくキンキンに冷えたのは避けてください。

簡単にできる夏バテ対処法⑤ 部屋を冷やしすぎない

簡単にできる夏バテ対処法5つ目は、
部屋を冷やしすぎない
です。

室内外の気温の差が5度以上になると、自律神経が乱れやすくなるそうです。なので外の気温と5度以内になるように部屋の温度をコントロールしてください。

暑くなってきたら1~2度温度下げる、冷えてきたら上げるって感じで、こまめに調整するのがいいかと思います。

簡単にできる夏バテ対処法⑥ 軽い運動をする

簡単にできる夏バテ対処法6つ目は、
軽い運動をする
です。

運動をすることで自律神経を元気にすることができるので軽い運動をする習慣も取り入れていってください。

30分くらい歩くとかそういうのでokです。

簡単にできる夏バテ対処法⑦ 風呂につかって汗を流す

簡単にできる夏バテ対処法7つ目は、
風呂につかって汗を流す
です。

風呂につかって汗を流すのも非常に効果的です。お湯につかることでリラックス効果が得られて、眠りやすくなります。

なのでシャワーだけってのはなるべく避けていきましょう。

簡単にできる夏バテ対処法⑧ サプリメントを使うのもアリ

簡単にできる夏バテ対処法8つ目は、
サプリメントを使うのもアリ
です。

栄養不足を解消するために栄養補助のサプリメントを使うのもアリです。食品から摂取するのが苦手、困難という場合はサプリメントも積極的に使っていきましょう。

簡単にできる夏バテ対処法⑨ 外出するときは上着持ってく

簡単にできる夏バテ対処法9つ目は、
外出するときは上着持ってく
です。

家で温度管理をしっかりしていても、に行くとエアコンガンガンで異常に寒い空間がたくさんあります。

そこでカラダを冷やされて体調崩さないために、必ず1枚上着を持っていき、カラダを冷やさないようにしましょう。

最後に


以上、
簡単にできる夏バテ対処法9選
でした。

簡単にできる対策を組み合わせて使っていくことで、夏バテとは無縁の生活を手にできるようになります。

なのでぜひ使ってみて下さい。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 「有給休暇取れない」を解決するために知っておくべき有休の法律4選
⇒ おすすめの汗のニオイ対策13選
⇒ 太りたくないのに太る人の7個の特徴と5つの対策
⇒ 梅雨の体調管理術と湿度対策10選

健康

Posted by しょうり